MITO 2 RS

...realize your dream!

LTF/EN-A,starter 究極の安全性、耐久性を損なうことなく軽量化

MITO 2 RS

スイングの特許取得安全技術” RAST(ラスト)”システム搭載により、安全で効率よくトレーニングがすすみ、飛ぶという夢を最短で実現します。ラストの安全性は世界で証明されています。

ミト 2 RS は、ビギナーにとって最善の安全性と操作性、そしてサーマルソアリングをマスターするための性能を備え、それはフライトインストラクターの厳しい要求を満たしています。
前モデル・ミトの基本的なコンセプトである” 世界最高レベルの安全性” つ、最先端の技術を搭載しました。とくに、耐久性を損なうことなくキャノピー重量を大幅に軽量化しています。

前モデル同様に、ミト 2 RS のライズアップ特性はイージーでバランスがとれています。これはトレーニングを重ね、繰り返しパッキングを行って機体にストレスがかかったのちでも同様で、その特性は維持されます。そのために、スイングではリーディングエッジプロファイル形状を保つために形状記憶合金” ニチノール” を採用しています。スムーズで心地よいハンドリングも維持され、ミト 2RS はライセンスを取得しスクールを卒業した後も、存分に楽しむことができます。

ミト 2 RS は、飛ぶという夢を最短で実現させる理想的なパートナーです!

  • オーバーシュートすることなくイージーなライズアップ特性
  • 様々な場面で最善に機能し、快適にフライトできるRAST(ラスト)システム搭載
  • 形状記憶合金“ ニチノール” による耐久性に優れたリーディングエッジ
MITO 2 RS

ミト 2 RS – 対象となる志向やレベル

ビギナー、フライト機会の少ないパイロット、不安を可能な限りなくしてフライトを心から楽しみたいプレジャーパイロット

トレーニング:100%
イージー:100%
安全性:120%

テクノロジーと機能

+ RAST® - 最大限のコントロール

MITO 2 RS

ラスト(RAST®)を搭載したパラグライダーでは、キャノピー内部は飛行方向に交差する方向のファブリックパネルによって前後二つのセクションに分割され、そのファブリックパネルの上面側と下面側はエアーが流入できる構造です。後部セクションの空気圧が高まると、そのファブリックパネルはエアーの逆流を抑えるバルブとして働き、キャノピー内部の空気の流入量と圧力を最適にコントロールしています。 ラストを使用することで、パラグライダーキャノピー内部の空気圧は場面に応じて最適にコントロールされます。エアーを取り込んでいくテイクオフの場面や、乱気流によって翼が潰されるようなエアーの流出が起こる場合の両方で効果を発揮するのです。例えば、キャノピーが潰された場合には、(翼後部の)バッファーセクションが変形することによってエネルギーを吸収する一方で、(翼後部の)コアセクションの空気圧は保たれ、急旋回を引き起こすような大きな翼の崩壊が起こりません。さらに、ラストは、フライト中の快適性を高めるため、リーディング~トレーリングエッジまでの翼全体のテンションを最適にするサポートとしても機能しています。ラストは、プロファイルの高さいっぱいにリブ全高に接続しているため、がっちりとリブを支え、固い翼を形成します。様々な補強材や固くするための複雑な手法がありますが、ラストはそれらにとって代わる構造です。

ミト 2 RS ではラスト(RAST®)は以下の特性のために、さらに最適化されています。

  • とても簡単で安定して風を翼内部へ取り込み、オーバーシュートやぐらついてしまう傾向はありません。ミト 2 RS は、パイロットが感じる不安のすべてを払拭
  • 翼内部容積を削減し、より高いキャノピー剛性
  • 経験の浅いパイロットにとっても、乱気流の中で最大限のフライト安定性とコントロール性を維持

+ ニチノール・ワイヤーによるリーディングエッジ形成 – 最も軽い素材で最大の効果

MITO 2 RS

ニチノール(Nitinol) は、高強度で、温度による変化がなく、耐腐食性の形状記憶合金です。ニチノールという名前は、ニッケル・チタニウム・ナバル・オルドナンス・ラボラトリー(Nickel Titanium Naval Ordnance Laboratory) の頭文字を組み合わせたものです。この材料は医療技術でよく知られており、⾧い間スイングではパラグライダーの設計の上で重要なリーディングエッジ形状の補強材として、パラグライダーメーカーとして初めて採用し使用してきました。
ミト 2 RS では、ニチノール補強材はナイロン管に挿入したうえで使っています。これは、メモリー合金の正の特徴( 曲げ抵抗、⾧さおよび寸法安定性) を活かしながら、断面積( 材料上面の接触面積) を増加させ、生地への負担を軽減しています。

+ ミニリブ - トレーリングエッジ(翼後縁)を均一化

MITO 2 RS

翼後縁のバル―二ング(上下面の膨らみ)は、パラグライダーのコントロール性とブレークコードの重さに大きく影響します。そのため、二オス2 RS では、繰り返しテストした上でミニリブを組み合わせ、3D シェーピングを施し、バル―二ングを最小限に抑えています。ミニリブを縫い付けるためには、通常は上面に縫い目がでてしまいますが、ミト 2 RS ではその縫い目を内側にしています。テイクオフの地面の状態によっては、縫い目の糸を引っかけてしまい、縫い目がほつれてしまうことがありますが、縫い目を内側にしているので、地面の影響を受けてほつれてしまうことはありません。

+ 3D シェーピング – リーディングエッジ付近の空気の流れを最適化

このミト2 RS にも取り入れているリーディングエッジ上面のテンションを最適にするための3D シェーピングという手法は、現代のパラグライダーの構造に不可欠な技術です。これは、翼表面のしわを減らし、エアフロ―を可能な限り滑らかにするためです。スイングではモデルや目的などに応じて3D シェーピングを、シングルまたはダブルのどちらにするか使い分けています。スイングは、ミニリブの空気力学的効果を最大化するために、リーディングエッジの3D シェーピングのパターンを使い分け、最適化しています。

+ シンプルなラインコンセプト – 確実なセットアップのために

列ごとに明確に色分けされたラインと、シンプルなライザーにより、ラインチェックはわかりやすく確実に行うことができます。 最先端の素材と技術で仕上げられたラインは、撥水と防塵効果が高いもので、抵抗を最小限にし、経年劣化を抑え耐久性に優れ、 ライン⾧が短くなってしまいにくいもののため、⾧期にわたり安定性が保たれます。

+ 色分けされたライザーコネクション - ミスを最小限にリスクを抑えるため

MITO 2 RS

ハーネスに取り付ける際の間違いを避けるため、アタッチメントループは、右をみどりに左をあかにというように、色分けしています。ライザーがハーネスに正しく取り付けられているかどうかが一目でわかります。

MITO 2 RS
MITO 2 RS
MITO 2 RS
MITO 2 RS
MITO 2 RS
MITO 2 RS

カラーバリエーション

カラーオーダーも承ります。(\38,000税別・別途)

MITO 2 RS
タンジェリン
MITO 2 RS
ゴールド
MITO 2 RS
コズミック
MITO 2 RS
ライム
MITO 2 RS
スパイシー
MITO 2 RS
LIMITED EDITION ペトロール
MITO 2 RS
LIMITED EDITION ステルス

DATA

MITO 2 RS XS S SM ML L
LTF/EN 認証 A
テイクオフウェイト (kg) 55-72 65-85 78-100 88-110 100-125
推奨テイクオフウェイト (kg) 60-72 70-85 85-100 90-110 110-125
セル 34
翼面積実測 (m²) 20.5 24.0 27.0 29.0 32.0
翼面積投影 (m²) 17.5 20.5 23.1 24.8 27.3
スパン実測 (m) 10.0 10.8 11.4 11.9 12.5
スパン投影 (m) 7.9 8.5 9.0 9.4 9.8
アスペクト比実測 4.85
アスペクト比投影 3.54
機体重量 (kg) 3.9 4.3 4.6 4.9 5.2
定価(税込) \479,600
本体価格(税別) \436,000